読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブツルテン

観たり読んだり聴いたり行ったり考えたり

『G戦場ヘヴンズドア』(日本橋ヨヲコ)

G戦場ヘヴンズドア 1 (1) (IKKI COMICS)G戦場ヘヴンズドア 1 (1) (IKKI COMICS)
(2003/03)
日本橋 ヨヲコ

商品詳細を見る

売れっ子マンガ家の息子であり、小説家を志していた堺田町蔵と、
敏腕編集者の息子であり、類稀なマンガの才能を持った長谷川鉄男と、
鉄男のおさななじみの菅原久美子と、その周りの人々の物語。

これ以上の説明はおそらく無意味です。
マンガ家だとか編集者だとかの設定やそもそも「マンガ」という素材自体が、
作者にとってはメッセージを伝えるための道具でしかないように見えるから。
そのメッセージは、読んで受け止めた者が自分の中で昇華させることに
よってのみ伝わるものだと思うから。
もちろん道具がきちんと使えていなければ作品はできないわけで、
決して設定をないがしろにしているのではありませんが。

思い入れが先行してしまってうまいこと書けないんですが、
「生きる意味」とかについて色々と考えてしまう性質の人には
絶対に読んでほしい作品です。特に高校生〜大学生くらいの間に。

なお、作者の日本橋氏は現在「イブニング」誌上で『少女ファイト』を連載中。
『G戦』以前の作品と比べると、かなり読みやすくなっています。
作品と一定の距離をとることによって、エンタテインメント性の強い作風に
近づいているというか。
もちろんこの作者の一番の特徴である、画面から突き刺さってくる熱さは
現在も変わらず生かされているので、『少女ファイト』からさかのぼって
過去の作品を読んでいくのもいいと思います。