読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブツルテン

観たり読んだり聴いたり行ったり考えたり

『空気の底』(手塚治虫)

空気の底 (手塚治虫漫画全集 (264))空気の底 (手塚治虫漫画全集 (264))
(2000)
手塚 治虫

商品詳細を見る

強化月間ってわけでもないですが、まあこの機会に。
うちにあったのは秋田の豪華版です。収録作品が少し異なります。

60年代末〜70年代初頭、いわゆる「冬の時代」に描かれた作品のひとつ。
青年誌に連載された短編連作集です。
少年誌連載だった『ザ・クレーター』と対をなす作品のようにも見える。
(タイトルも「底」と「穴(クレーター)」だし)
ただし、あちらほどナンセンスなノリはありません。

SF的な世界観を根底に、人間たちの織り成す骨太なドラマを
どこまでもシリアスに描写しています。
主題は「人間の精神の暗部」といったところでしょうか。
劇画の手法を完全に消化する以前の、迷いが感じられる絵柄で描かれる、
暗く救いのない物語の読後感は、ハンパなく重いですが、
手塚氏の短編作家としての職人的な手腕が存分に堪能できます。

余談ですが、最終エピソード「ふたりは空気の底に」の中に
AV(と呼んでいいのだろうか)を主人公たちが見るシーンがあるのですが
それが版によって和モノだったり洋モノだったりするらしいです。
本当にマニア心を刺激する改変が好きな人だなあ…w
ちなみに私が持ってたのは和モノになってました。

--------------------------------------------------------

ROCKなテンプレにしてみました。
2年くらい前までの私にはロックなんてロック・ホームでしかなかったなあ。