読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブツルテン

観たり読んだり聴いたり行ったり考えたり

筋少全アルバムレビュー(3/3)

13th. 新人

新人新人
(2007/09/05)
筋肉少女帯

商品詳細を見る
再結成後初のアルバム。
新曲10曲+セルフカバー3曲+サポートで参加しているエディのピアノソロ2曲。
音としては「ステーシー」「キラキラ」あたりからの延長だが、
エディのピアノが加わったことでよりゴージャスな印象に。
メタルな橘高、ポップな本城、飛び道具wな内田という
各メンバーの個性がパワフルに打ち出されていて、
とても8年のブランクを経たオーバー40バンドの仕事とは思えない。
ライブ仕立ての構成も楽しい!

14th. シーズン2

シーズン2シーズン2
(2009/05/20)
筋肉少女帯

商品詳細を見る
復活後の筋少、新たなるステージへ!
ということで再結成後2枚目。
ポップ色がやや薄く、ハードロックな面を押し出した内容で、
アートワークもメンバーが大好きな某ハードロックバンドのパロディ。
泣けるほど美しいバラードや久々のプログレ的な内田曲もあり。
いい意味で大仰な曲が多く、1曲1曲の完成度が非常に高い。

15th. 蔦からまるQの惑星

蔦からまるQの惑星蔦からまるQの惑星
(2010/06/02)
筋肉少女帯

商品詳細を見る
これはもういいだろう!3つくらい前の記事見てください!
前作よりは幾分ポップ?ヨコノリ系の曲も何曲かあったりと
ここへきて筋少はまたもや新たな魅力を見せてくれています。
ハードロックが基調だけどそれだけじゃない、
「何でもやれるし何でもやる、そして何でも楽しませる」という
自信に裏打ちされた、超ハイクオリティな大人たちの楽しいアルバム。

(文中敬称略)