読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブツルテン

観たり読んだり聴いたり行ったり考えたり

9/9(日) OTODAMA'11-'12〜音泉魂〜 @泉大津フェニックス

ねんがんの おとだまに さんせんしたぞ!

だがしかし!だがしかーし!
不覚にも体調を崩し、予定してた通りには楽しめませんでした…
実は生理がかぶりそうだったのでピルを飲んでいて、
その状態で野外で炎天下でビールをかっくらってしまったのが原因であろうと分析しております。
中程度の熱中症と思われる症状に見舞われました。
どうせならその辺もちょっと書きとめておこう。

====================================

関西のイベンター清水音泉さん主催の夏フェス。毎年9月上旬に開催。
昨年は台風で公演中止となり残念でしたが、今年はその無念を晴らす意味もこめて2days開催!
かねてからいろいろと評判を聞いていて、楽しそうなフェスだなあと思っていたので
今回は筋少の出る2日目に日帰り参戦。
直前まで雨の予報だったのでレインコートやら長靴やら揃えていたのだが
いざ当日になったら雨マーク消えてたという。よきかなよきかな。

朝一の飛行機で関西国際空港へ。
泉大津へは空港から電車一本で行けるので、新幹線より飛行機が楽かも。
泉大津駅から5分ほど歩いた所にシャトルバス乗り場があり、
当日はスタッフがあちこちに立って誘導してました。

会場に着いたのは10:30頃。まずクロークに荷物を預け公式グッズ物販に並ぶも、
続々と売り切れが出て、自分の番が来るちょっと前にタオル類は完売という事態に。
グッズのセンスいいもんなー。結局Tシャツ1種しか買えず残念でした。

11:00 モーモールルギャバン【大浴場】

何かと自分の好きなバンド界隈でこのところ名前をよく聞く。
ロッキンではちゃんと観られなかったので、今回はしっかりと。
「お父さんより先に壱番風呂もらっちゃってすみません!」とかMCで言ってて、
それに対して前にいた若い女の子たちが「どういう意味?」って話してて、時代だなーと思うなど。
一番風呂はお父さん、しまい湯は嫁が入るものですよね。昭和の家庭的に。

パンク、ニューウェイブ系譜にある感じだけどキーボードトリオなのが新鮮。
キーボードの音が気持ちよかったのと、ドラムの人のパフォーマンスがやはり面白かった。
「パンティ!」コールも楽しかった。今度音源買おう。

ここでビールを飲んでしまい、次へ。

12:15 ドレスコーズ【大浴場】

解散わりと間際にマリーズのファンになった者として、複雑な心境を抱えつつ。
音はなんか普通のバンドだなーと思ってしまったな…インパクトはなかった。

このへんでちょっとクラクラしてきたので、後ろに引き、
バンドマンのすべらない話【宴会場テント】へ避難。
座ってちょっとだけ聞いてたけど、すぐに目の前が真っ白になってきて
あ、これはヤバいやつだな…と思いながら後ろに下がり、
とりあえず寄りかかれそうな木のところで座って休んでたら気持ち悪くなってきた。
スタッフの人が声をかけてくれて、救護室へ行こうと立ち上がるとともに吐きそうに。
チャン・グンソクのTシャツやーん」て言われた。
違います、筋肉少女帯のTシャツですと訂正しようにも元気が出ず。

13:00頃? 救護室へ

最初は症状軽かったので、水飲んで塩飴なめてちょっと休んどきーって感じだったのだが
ちょっとでも水分入れると吐いてしまい、結局胃の中からっぽになるまで吐く。
(後で調べたら、吐いてる最中はあせって水飲まないほうがいいみたいですね)
吐くだけ吐いたら少し楽になったので横になったり座ったりしつつ水分塩分を摂取。
1時間ほど休んで、ちょっとフラフラする程度まで回復したので、救護室は出ました。

14:55 MONGOL800【大浴場】

ゆるゆる体を動かしつつ、後ろのほうからじわじわ前に詰めていきました。
モンパチ、大ブレイクしてた高校生のころはちょっと「ケッ」みたいに思ってたけど
どこまでもキャッチーでポップでわかりやすいというのはそれはそれで価値あるものだよなあ。
「小さな恋のうた」をみんなと一緒に合唱しながらそんなことを考える。
中央エリアはモッシュがすごいことに。サークルモッシュってこれかあ、と初めてピンときた。

16:15 筋肉少女帯【大浴場】

で、我らが筋少ちゃん。ド下手エリアの最前に陣取る。
中途半端に前よりかは最前のほうがずっと楽だということと、
中央エリアと違ってもみくちゃにはならないであろうという予想から。
筋少セッティング中に雨がぱらついたりやんだり。

いつものようにKISS「雷神」でメンバー入場、1曲目は「釈迦」
モンキーダンスも掛け合いも超本気でやりました。つーかやらずにいられなかった。

明日は本城さんお誕生日です、とオーケン
\おめでとー/の声は飛ぶものの、ハッピーバースデーコーナーはなし。イベントだしね。

お前ら絶対倒れるなよ!倒れる奴はダーメダメダメダメ人間だ!というネタ振りMC(笑えない)
からの、「踊るダメ人間」。もちろん超本気でヘドバンしてダメジャンプ。

ロッキンと同じ、オーケン倒れて担架で運ばれる茶番が挿入される。
ウッチー「さて、ボーカリストが、運ばれていってしまいました。…そんなに、暑くないのにねえ」
橘高さん「やけに準備いいよな、あの担架(笑)」

ロッキンと同じ流れで「航海の日。気持ちいいー。
曲終わりでオーケンが戻ってきて「なんだあ、俺がいなくても結構盛り上がるじゃん!」(笑)

ピラメキーノでこの曲が使われていて、もしかしたらそれがきっかけで筋少再ブレイクしちゃって
来年はOTODAMAなんか出ないかもしれない。サマソニとか…a-nationとか…(笑)
その曲をやります!ということで「日本印度化計画」。なにげに久々なような?
橘高さんソロ前でいつものピックばらまきやるも、ほとんど風に煽られて客まで届かず。
このへんでまた雨が降り出す。オーケン「雨よやめー!!そして日本を印度に!」
\しーてしまえ!!/
一向に弱まらない雨足がいっそすがすがしい!

その勢いのままラスト、「ロシアンルーレット・マイライフ」へ!
いよいよ雨粒は大きく本格的な通り雨の様相。その中必死に腕を振る!
だってこれはパーティーソングだもの!

終演とともに、雨足は弱まり、そしてステージ後方には太陽が!
「晴れたー!」と笑いながらその太陽を指さすオーケンとおいちゃんの笑顔がとっても眩しかった。

完全燃焼、充填した体力気力の限り楽しんだ!
終演後しばらくして、大浴場ステージの上に、虹がかかりました。
あの「ロシアン」から虹にいたる光景は忘れられないなあ。

17:30 騒音寺【秘湯!SET YOU FREEテント】

Birthdayと迷った末に、関西がホームの騒音寺をチョイス。
生で観るのは下北Queでの3-10chainとの対バン以来。
あとでナタリーでメンバー脱退が報じられていてびっくり。
ドラマーも替わったばっかりだし、よくメンバー抜けるなあ。
ナベさんは相変わらずでかくてセクシーで存在感あった。

後ろでおとなしく眺めるつもりだったのに、気づいたらテントの中で踊っていた…
たぶん、ここで本気で体力を使い果した。

当初の予定では、トリのサンボマスターを観てからなんば行きのバスに乗り、
なんばから夜行バスで帰ってそのまま出社の予定だったのですが
体力的にそれはやめたほうがいい気がするなと思い(今思えば大正解のチョイス)、
調べたら新幹線乗れそうなので、18:30頃には会場を後にしました。

というわけで、ところどころ残念な感じにはなってしまったものの…
イベント全体としては、会場内のどこに行っても何かやっていて、
ゆるゆるとずーっと楽しめる、いいフェスだなーと感じました!
来年こそは!来年こそはトリまで観たいし、ほかのステージも覗きたい…!

====================================

その後。
9/10(月)1日仕事するも、なんかだるいのが続く。帰宅して熱を測ったら38.6度あった
9/11(火)元々の予定通り休み。38度前後の熱が続く。
     とにかく熱いけど汗がまったく出ない。が、咳も出る。
     医者で診てもらい、一応風邪の症状を抑える薬を出してもらい飲むも、効かず。
     ひたすら冷やして水飲んで寝る、を繰り返す。
9/12(水)微熱レベルに落ち着くも、今度は頭痛が半端なく出てくる。頭が痛くて食欲が出ない。
     上司が出張で不在なのをいいことに屍となって1日過ごす。
     夜、バファリン飲んで冷やして無理矢理寝る。
9/13(木)朝起きるとやはり頭痛。朝・昼バファリン飲む。
9/14(金)ようやく回復傾向。ちょっと残業できる元気が出る。
9/15(土)ひとまず復活か。食欲は完全に回復。多少様子見つつ、チャリで外出したりもできた。

というわけで、1週間の間後遺症に悩まされました。熱中症には気をつけようね!という教訓。
騒音寺で踊ってしまったせいな気もするが)
普段体が丈夫な方なので、たまに体調崩すと凹みますね。
来週は青森のフェス夏の魔物に参戦するので、重々気をつけようと思います。もう涼しそうだけど。