読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブツルテン

観たり読んだり聴いたり行ったり考えたり

2013/2/22(金)女王蜂「女王蜂単独公演 白兵戦」@SHIBUYA-AX

衝撃のというか、やはりというかの活動休止宣言から3ヶ月。
ひとまずの終幕としての単独公演「白兵戦」に参加してきました。
以下は、ライブレポというより、ライブを観ながら女王蜂というものについて考えたこと。

この日のドレスコードは「白」。ドレスコードが設けられるのはちょっと久々。
ただ、「ワンポイント可」という注釈付きなのが、
大きくなったことでいろいろ面倒なこともあったんだろうなということを想像させた。

初めてAXの2階席に行ったけど、足元が広くゆとりがあって動きやすく、良かった。

客入れBGMはよく使っていた歌謡曲ではなく、荘厳なクラシック。
ライブは、ルリちゃんによる「白兵戦!」という宣言からスタート。
中央のアヴちゃんを楽隊がぐるっと半円状に囲むようなフォーメーション。
下手からやしちゃん、キーボード1、ルリちゃん、キーボード2、ギター。

終始MCらしいMCは無く。
何箇所かの曲間に、次の曲への振りとしてアヴちゃんによる寸劇のようなものが挿入されるなど、
全編通じてひとつの舞台のような、演出に重きを置いたステージづくりがされていた。

いつも、1曲ごとに丁寧に、あの関西弁のイントネーションで「ありがとう」と言うのが
印象的だったアヴちゃんが、最後にだけ、「ありがとうございました」と言った。

終演後、ステージには一体のマネキン。
それが何を意味していたのかはちょっと消化できていない。

初めて女王蜂のステージを観たのは、メジャーデビュー直前のリキッドワンマン。
音源があまり意味をなさないくらいにアレンジされた楽曲、パワフルな演奏、
そして何よりもアヴちゃんのパフォーマンスに圧倒され、
このオンリーワンなバンドがこれからどう変化していくのか、
もしくは変わらないのか、見届けたいと思った。
ライブというよりもショウという言葉が似合うような空間は、女王蜂だけがつくれるものだった。

やがて発表された、ギギちゃんの脱退。
その後の女王蜂は、普通のロックバンド的なライブをやるようになっていった。
個人的にはそれは残念な変化だったけれども、
メジャーな存在になるというのはそういうことなのかもしれなかった。

今回の公演で、女王蜂はまた正反対の方向に舵を切ったように思えた。
徹底的に演出に凝り、芝居がかったステージングをするという方向に。
それはそれで、たぶん、固定的なファンはできる。
けど、それは初期から女王蜂を応援してきたファンとは違うんだろうな。
女王蜂が持っていた独自性は、「シアトリカルなステージ」という
一つの類型にはまってしまうようなものではなかった。
そして、あえてその類型を目指すには、女王蜂はまだ若過ぎるなと思った。
芝居じみたステージを違和感なく、客を醒めさせることなく展開するのって、
簡単そうに見えて結構難しい。

といって、かつての女王蜂のステージにあった雰囲気を取り戻すのも、
ギギちゃんがいない今、とても難しいことなのかなとも思う。

今回のステージが、活動再開後の方針に向けた布石なのかはわからないけど、
バンドの個性を、いまできる形で見せていこうとすると、ひとつのやり方ではあるのかな。

アヴちゃんは何も語らなかったけど、涙を流していた。それを見て私も泣いた。
ただ、がんばってねと思った。今はまだ、何もわからない。

【セットリスト】
ナタリーのレポートから)
01. 夜曲
02. 鏡
03. イミテヰション
04. デスコ
05. 八十年代
06. ストロベリヰ
07. 待つ女
08. 鬼百合
09. 人魚姫
10. 火の鳥
11. バブル
12. 告げ口
13. Ψ
14. 無題
15. コスモ
16. 鉄壁

Enc.
17. 溺れて
18. 棘の海