読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンブツルテン

観たり読んだり聴いたり行ったり考えたり

海!温泉!幕末!初夏の下田・南伊豆ふらり旅

まったりと温泉に浸かる以外はあまり何もしない、ゆる〜い旅がしたい…
温泉地なら、史跡が豊富な伊豆がいい…
そんな思いをここ数年抱えており、唐突に思い立って実行に移しました。
6/29(土)〜6/30(日)、1泊2日の下田・南伊豆ぶらり旅の記録。

東京から特急踊り子で揺られること2時間半、伊豆急下田駅に到着。
2.jpg

まずは、下田駅から歩いてすぐのロープウェー乗り場から、寝姿山へ。
遊歩道に沿って「寝姿ブルー」といわれる真っ青なアジサイを筆頭に、
いろんな植物がずーっと植えられていて(自生しているのもあるのかな)たのしい。

nesugata.jpg

寝姿ブルー。どうでもいいけどネーミングが戦隊ヒーローっぽすぎます。
山頂付近には縁結びに霊験あらたからしいお寺「愛染堂」、下岡蓮杖にちなんだ写真博物館あり。
一応どっちも覗きましたが、写真館の方は特に、もうちょっとどうにかしようがあるのでは…
と思ってしまった。予算削られてんだろうなー

nesugatayama.jpg

山頂付近からの眺め。

下山して、お昼は駅周辺の海鮮系のお店で駿河丼をいただく。

suruga.jpg

生しらすンマーイ!伊勢えび汁もンマーイ!!満足!

一休みしてからはガイドブックでも頻出のペリーロードをふらふら歩いたり、
ちょうどあじさい祭り最終日であった下田公園をふらふら歩いたり。
正直、ここはちょっと拍子抜けする感じだったかなー。こんなものかな、という気もするけど。

その後バスで下田駅へ戻り、再びバスでこの日の宿へ向かう。
宿泊したのは「南伊豆 休暇村」。
景色が良くて温泉入れて驚くほどの値段でない宿ということで探したのですが、正解だった!
目の前が弓ヶ浜海岸で、間に松林が挟まるので海がよく見えるというわけではないのですが
窓を開けておくと涼しく、潮騒が聞こえるのがとても良かったです。
チェックインしてから遊びに行こうかと思ってたけどすっかりくつろいでしまった。

食事はバイキングにしました。
気軽に土地のンマいものを好きなように食べられて満足!
肝心の温泉も、一応露天もあるそこそこ大きな浴場でまったり。
調子に乗って整体まで頼んじゃった。気持ちよかった。

翌朝もバイキングで食事を取り、チェックアウトしてから、弓ヶ浜から海沿いを散策。

yumi.jpg

海だ!何も変わってなーい!

ここから徒歩圏内の「タライ岬」という所が絶景ポイントだったようなんですが
向かう道の草生え放題っぷりに残念ながら途中で挫折。

tatara.jpg

けもの道の途中から海を望む。たどり着きたかったなあ…

ひとしきり運動した後は、バスで伊豆半島の最南端にして南伊豆随一の景勝地・石廊崎へ。
遊覧船で解説を聞きながら、奇岩や美しい島々、そして青い海を堪能。

irou1.jpg

irou2.jpg

ほんっとに!海が!エメラルドグリーン!!
松島に行ったときから思ってて今回確信に変わったのですが、
私は島とか岬とか海とか眺めるのが好きな人なんだなあ。

遊覧船から見えた石廊崎灯台にもせっかくなので向かってみる。
この山道にもアジサイや、あまり見かけない亜熱帯っぽい植物がいっぱい生えていてたのしい。

toudai1.jpg

toudai2.jpg

toudai3.jpg

途中、朽ち果てた遊園地というか商業施設的なものの跡地に遭遇。
廃墟だ!ワンダーJAPAN物件のにおい。

haikyo.jpg

この「石廊崎ジャングルパーク」というやつの構内にあたるよう。
確かに「チュウチュウトレイン入口」とかいう看板もあったな〜。

石廊崎灯台自体は、年に数日の一般公開日以外は中に入れないそう。
灯台を越えてさらに歩き歩き…

ついに伊豆半島の最南端に到着!

jinja1.jpg

jinja2.jpg

岩肌に嵌め込まれたような石室神社。不思議。

再びバスで一気に下田駅まで戻り、一休み。
もうちょっとだけ時間があるなあと、駅から20分ほど歩いて玉泉寺へ。
ペリー来航後、ハリスやヒュースケンが在日大使として駐在したところ。

gyokusenji.jpg

このへんの知識は完全に手塚治虫陽だまりの樹』が元になっている私ですが
だからこそ下田の数ある史跡の中でも玉泉寺はなんだか身近に感じられる場所で、
実際に行ってみて、あの作品の、ひいてはその時代の空気が残っているようなたたずまいが
とても良いなあと思いました。
ハリス記念館の展示物も充実していて見ごたえあった。

gyokusenji2.jpg

玉泉寺境内のアジサイ

下田駅に戻り、駅前の足湯「開国の湯」でくつろぎつつ旅のおさらい。
かなり熱めですが慣れるとじんわり気持ちいい。

kaikokunoyu.jpg

蓮台寺吉田松陰寓居跡に行けなかったのが心残りなので次は是非行きたい!

ハリスさんの牛乳あんぱんや温泉まんじゅうを買って、再び踊り子号で東京へ。
肩の力を抜いてくつろぐことも、興味のあるもの・自分のテンションが上がるものを求めて歩くことも、
バランスよくどっちも楽しめた良い旅でした!
翌月曜になんだか個人的に嬉しい知らせをたくさん聞いたりして、
パワーチャージするとよいことがあるものだな!と思いました。

たのしかった!海と温泉と歴史の旅シリーズ化しそう!